虫歯や歯茎の炎症について

矯正器具が付いていると、磨き残しができやすくなります。 歯磨き指導やフッ素導入などにより、虫歯や歯茎の炎症(歯肉炎・歯周病)を予防します。

歯磨き指導

ご来院の際、患者さまがお気づきでいない、うまく磨けていない部分をお伝えしています。 また、普通の手動歯ブラシよりも、電動歯ブラシをおすすめしており、音波電動歯ブラシ「Sonicare(ソニッケアー)」をご紹介しています。

フッ素の導入

フッ素は歯の表面を強くし、虫歯になりにくい環境を作ります。ご希望に応じてフッ素塗布を行います。

歯を強くする
フッ素が歯に取り込まれ、酸に溶けにくい歯を作ります。
再石灰化を促進
歯から溶け出したカルシウムなどを、もとに戻りやすくします。初期の虫歯では治癒を助けることができます。
原因菌を弱める
虫歯の原因菌の力を弱め、歯を溶かす酸が作られるのをおさえます。

歯茎の炎症を予防

磨き残しにより、歯茎が腫れた場合は、殺菌効果の高いクロルヘキシジンで消毒します。歯茎の炎症(歯肉炎・歯周病)の症状によっては、専門の治療が必要になることがあります。
ご予約・お問い合わせ