小児矯正

開始時期

最近のお子さまは顎が小さいので、ガタガタした歯並びが増えています。矯正相談に行く時期の目安は、乳歯の後ろから6歳臼歯(永久歯の奥歯)が生え、永久歯の前歯が数本生える7~9歳くらいです。顎の成長期(7~9歳くらい)に矯正を始めることが大切です。カレブラン矯正歯科恵比寿では、無料相談を行っております。ご予約の上、お子さまと一緒にご来院ください。

メリット

小児矯正で顎を広げることで、永久歯を並べるためのスペースを作れるので、将来、矯正治療で抜歯が必要になる可能性を低くします。噛み合わせの問題を早期に改善し、顎の健康的な成長を促すことができます。症例によっては大人の矯正にくらべて、少ない費用での治療が可能です。
歯のガタガタを治すことで、磨き残しができにくい、虫歯リスクの低い歯並びにします。

治療期間

症例にもよりますが、通常1年半~2年くらい治療し、その後は永久歯が生えそろうまで半年~1年毎に経過観察を行っていきます。

保険について

国(厚生労働省)が定めた特定疾患に限り、健康保険が適用されます。特定疾患以外の患者様には健康保険は適用されませんが、顎の成長発育期である小児矯正の治療費は、医療費控除の対象になります。

大人の治療との違い

治療時期・症状によっては、マウスピースによる矯正が行えます。

歯に固定する矯正器具を使わず、取り外し式のマウスピースによる床矯正(しょうきょうせい)で治療できる場合もあります。治療を始める時期を見極めることがとても大切です。 治療開始時期や治療方法は、歯の生え方と骨格的問題の組み合わせによりさまざまです。
お子さまの歯並びがご心配な場合は、なるべく早めに専門医にご相談されることをおすすめします。

※小児矯正を行うことにより、永久歯に生えかわったあとの矯正治療がよりよいものとなりますが、小児矯正だけで治りきるケースは非常にまれです。

症例

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
年齢 8歳男子
ご希望・ご要望 前歯の反対の噛み合わせを治したい
矯正装置の種類 裏側のワイヤー装置
治療期間 およそ6ヶ月
担当医のコメント 上の前歯2本が下の前歯の内側に入り、反対の噛み合わせになっていました。患者様ご本人は気にされていませんでしたが、お母さまのご希望で、治療を行いました。上の奥歯にリング式の装置を付け、歯の裏側からワイヤーの装置で前歯2本の反対の噛み合わせを治しました。最適なタイミングでの治療だったので3ヶ月で反対咬合が治り、6ヶ月で装置を外すことができました。隣の(2番目の)永久歯が生えてくるときに、上の前歯の隙間は自然に閉じることが多く、また、生えて間もない永久歯に不用意に矯正力をかけると歯の根によくないので、上の前歯の隙間は無理に閉じず、様子を見ました。小児矯正は年齢的に、患者様ご自身が矯正をご希望されることは難しいので、保護者やご家族が歯並びの問題に気づいてあげることが大切です。
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
年齢 6歳女子
ご希望・ご要望 受け口気味なのを治したい
矯正装置の種類 寝るときを中心に使うマウスピース式の装置
治療期間 およそ6ヶ月
担当医のコメント 前歯の噛み合わせを気にされてお母さまと一緒にご来院されました。永久歯がまだ生えていない乳歯列の状態でしたが、そのまま放置すると骨格の不正に発展する可能性が大きいので、早期に治療を始めました。寝るときを中心にマウスピース式の装置を使ってもらう矯正治療を行い、およそ6ヶ月で治りました。こちらの患者様のように、小児矯正では、取り外せるマウスピース装置で、比較的簡単に治療できる場合もあります。

料金

7~9歳のお子さまの矯正の装置料 400,000円~

※お子様の歯並びの状態によっては小児矯正に該当しない場合もございます。

※必要な装置の数によって費用が異なります。

7~9歳のお子さまの矯正の調節料 5,000円/回

※調節料の回数は歯並びの状態によって決まります。

カレブラン矯正歯科恵比寿は、トータルフィーシステム(治療費定額制)を採用しています。詳しくはこちら

ご予約・お問い合わせ