☺ギシグー!の使い方☺

2019年8月16日 カテゴリ:歯列矯正

みなさまこんにちは😃

東京都渋谷区恵比寿の矯正歯科専門医院カレブラン矯正歯科恵比寿の中田佳子です

台風10号は過ぎましたが、風がとても強い今日の恵比寿です🌀

みなさまいかがお過ごしでしょうか

さて、今日は前回のブログでもご紹介した歯科矯正用粘膜保護材「ギシグー(GISHY GOO!)」の使い方

 

はがれにくいのでギシグーですが、上手に付けられるようになるにはコツが必要です☝️

指で練っている間に硬化が始まってしまったり、やわらか過ぎてうまく付かなかったり。。。

カバーワックス(カレブランでは初回は¥0でお渡しし、二回目以降は税込¥300で販売しています)に比べると、¥750(税抜)と高いので、失敗することなくご活用していただきたいギシグー

シリコン製のギシグーは、二種類のペーストを練り合わせて使います

使い方はとてもシンプルです✨

①キャップをひねって開けてください

②シリンジを押し、1回分の量(目安は豆粒大です)を指に取り出します

③10秒くらい指でしっかり練り合わせます

 二種類のシリコンの色が混ざるまでしっかり練ってください

 練るのが不十分だとしっかり固まらず、矯正器具に付きません

 ※練っていくうちに少しずつ固まり始めるので、練り過ぎにもご注意ください

④固まる前に、矯正器具(ブラケットやワイヤー・アンカースクリューなど)に圧接して付けて、形を整えてください

 ※完全に固まるまで約2分かかります

⑤使用後はキャップを戻し、しっかり閉めてください

ギシグーは室温で保管していただけますが、ヒーターの近くなど、高温になる場所には置かないようにしてください

 

ギシグーを上手に付けるコツは、

(A)付けたい部分の矯正器具を乾かす

(B)練った後、ギシグーをつまむ指先を濡らす

指先を濡らさないと、ギシグーが指の方に付きやすく、矯正器具の上に安定しません

(C)お口の中に付けるときは装置の裏側までギシグーが入り込むようにしっかり押し付けながら、指先できれいに成形する

(D)ギシグーを付けた後、お口に水を含んでギシグーを固める

上記のコツの中でも重要なのは(A)と(B)です

矯正器具を乾かすのが難しいときは、ティッシュペーパーなどを丸めて頬と歯茎の間に挟むと、頬の粘膜と矯正器具が直接触れなくなって、乾かしやすくなります

 

便利なギシグーを上手く活用して、快適な歯列矯正ライフを☺️

✨JR恵比寿駅、東京メトロ日比谷線 恵比寿駅徒歩1分✨

カレブラン矯正歯科恵比寿

渋谷・新宿・中目黒・目黒からも好アクセス

電車でも車でも通うことが出来て、利便性に優れています

恵比寿駅からすぐ近く、夜8時まで診療しています

お仕事帰りでも通いやすいとご好評いただいております🐾

コインパーキングやアトレ恵比寿など近隣に駐車場が多数あります🚙

結婚式のための矯正治療や部分矯正もお気軽にご相談ください😊

多くの方に「より素敵な笑顔に、より健康に」なっていただくためのお手伝いができますと幸いです

目立たない「歯の色に一番近い」白い装置での表側矯正、見えない裏側(舌側、リンガル)矯正、インビザライン(マウスピース)矯正、ホワイトニング(オフィス・ホーム)はカレブラン矯正歯科恵比寿へ

診療時間(電話対応可能なお時間)

月~水・金 11:30~13:30 14:30~20:00

土 11:00~13:30 14:30~19:00

木・日・祝は休診日です(お電話はつながりません)

※診療時間や休診日は都合により変更する場合がございます

カレブラン矯正歯科恵比寿

〒150-0013

東京都渋谷区恵比寿1-8-18恵比寿森ビル6階

03-6721-9443

矯正治療とは歯並びを綺麗にするだけではなく、「患者様がご自分のお口との向き合い方を変える機会」だと思います

矯正治療をご決断する前も、矯正治療中も、ご不安やお悩みを取り除けるよう、患者様のお心にそっと寄り添いたい、信頼で結ばれた関係になりたいと願っております

どうぞお気軽にご相談くださいませ😊

みなさまのご来院を心よりお待ちしております😌

一覧へ戻る
ご予約・お問い合わせ